住宅

自由設計住宅のメリットと注意点~注文住宅・建売住宅以外の選択肢~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
930f9eb5e32bb6b05d17cd5ffcf87473_s

比較的お買い得な物件が多い自由設計住宅

 「新築の一戸建てを買いたい!」。そう思う人の多くが最初に悩むのが「建売住宅にするか」「注文住宅にするか」、ではないでしょうか。しかし、新築一戸建てには、ほかにも選択肢があります。たとえば規格型注文住宅や自由設計住宅です。これらのなかでも比較的お買い得な物件が多いのが自由設計住宅です。

 

それぞれの一戸建て住宅の特徴

では、それぞれの住宅の特徴を整理してみましょう。

・建売住宅

「土地+建築承認済み一戸建」がセットで販売される住宅。間取りプランや設備などの自由度はないものの、完成済みなので短期間で入居ができ、比較的安い。 

・注文住宅

すでに所有している土地、または購入した土地に間取りプランや設備などをすべて自由に選択して建てる住宅。自由度は一番高いものの、検討期間が長期になりがちで、比較的高額になります。

・規格型注文住宅

すでに所有している土地、または土地を購入してから建てる住宅です。一般的な注文住宅との違いは、間取りプランや設備の選択肢が限られていること。その分、比較的お手頃な価格で建てることができます。

・自由設計住宅(自由設計分譲住宅)

建築条件付きの土地を購入し、建物はあとから建てる住宅です。建築条件とは、土地の売主が指定したハウスメーカーや工務店で家を建てるということ。多くは土地売買の契約をしてから3カ月以内に建物の間取りプランなどを決めて建築請負契約を締結することになります。期限内にプランが決まらなかった場合は、土地の契約は白紙撤回されます。

 

自由設計住宅のメリット

・比較的安価

 ほとんどの自由設計住宅は、土地も建物も比較的安価に購入することができます。その理由は、売主が土地と建物の両方から利益を得られるので、それぞれ単体で売り出すよりも最初から低めの価格設定にしているからです。また、建物に関しては、あらかじめ用意してある部材や設備で建てるため比較的安価に建てられます。

・建売住宅よりも自由度が高い

 建売住宅に比べ、自由設計住宅は設計段階から希望を伝えることができるので、間取りプランや設備の自由度は高いと言えます。

・施工不良の有無を直接チェックできる

建売住宅と違い、土地の整地、地盤改良から、建前・上棟などを経て、完成まで自分の目でチェックでき、写真などを撮ることも可能なため、後々問題が起きた場合に話がしやすくなります。また、施主がたびたび見に来ると現場に良い意味での緊張感が生まれるケースが多々あります。

・検討期間が短くて済む

 自由設計は、すでにモデルプランが用意されているケースがほとんどです。これをベースに好みに合わせたプランへ変化させていくので、注文住宅に比べて打ち合わせする時間や労力は少なくて済みます。

 

自由設計住宅の注意点

 上記のようにメリットの多い自由設計の家ですが、注意点もあります。主なものは2つ。1つは注文住宅に比べて、間取りプランや設備の選択肢は少ない(土地が決まっているので、その土地内に建てられる間取りでなければならないため)ということ。多くは建築依頼先が用意したものの中から選ぶことになります。もう1つは、土地の契約をしてから3カ月前後で建物のプランを確定させなければならないということ。この2点に納得ができれば、自由設計住宅は、ほとんどの人にとってお買い得な住まいとなるはずです。

 

banner01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*